CADメーカーに在籍した経験を活かした現役図面製図者だからできる実務向けオリジナルRebro研修

090-3675-0666

電話問合せ 月〜金 10:00〜17:00

メール問合せ 24時間以内に返信 

大阪府大阪市中央区淡路町3丁目5番13号

創建御堂筋ビル2階

  1. レブロネクストがお勧めするRebroの特徴

レブロネクストがお勧めするRebroの特徴

「出来る」「出来ない」レベルでは解らない
出来るというのはここまで出来るレベルのことだ!という機能を製図者の目でピックアップ

その他、機能充実しています。メーカーサイトもご参照ください

黄色・青色・緑色・白色・橙色 5つのハンドルで効率UP

ハンドル機能

ハンドル機能によりコマンドを移動することなくダイレクトな編集が可能。移動や回転、図形の伸縮・ルート作図などハンドルをクリックするだけで簡単に編集ができます。

ハンドル機能のココがポイント!

  • 汎用・専用(配管・ダクト・電気)全てにハンドル機能が使用できる
  • 機器・器具に情報ハンドルがあり機器・器具側から配管・ダクトを作図できる
  • サブコマンドが使用できる(基準点の変更・回転・回転開始角度・寸法値位置変更etc)
  • コマンド途中のザ行機能が使用できる(距離入力・座標点指定・メジャーetc)

製図者の目

ハンドル機能は、編集に使用する機能です。

経験上から新規作図する場合に編集機能を割合に表すと、設計図で作図7割・編集3割り程度かと感じています。施工図では、作図5割・編集5割で表せられます。配管・ダクトのルート編集もハンドルで行えることから施工図では納まりで編集機能を多用する為、割合が高くなります。

この編集の3割・5割をコマンドの起動が不要ということになります。これを他のCADでコマンド例を上げると、移動・回転・伸縮・ルート移動・ルート変形etcにそれぞれのサブコマンドとなりますので、20ほどのコマンドになります。アイコン20個の位置・機能を覚える必要がないので、CAD習得が従来のCADと比べ短時間で習得することを可能にしています。

また、修正図の場合は、割合を出すのは難しいですが、削除2割・作図2割・編集6割と表現すると製図している方なら違和感のない数値かと思います。

そうすると、6割のコマンドを入れる必要がないとなると修正図の時間の短縮が可能になります。

修正図の時間短縮が可能になると、図面の整合性が維持でき精度の高い図面ができることにつながっています。



※このページに対するご意見・ご質問は下記facebookコメントで受付ています。


勾配・結合・複数一括処理・ルート選択と高機能

ルート編集機能

■ルート編集の高機能

平面断面連動は作図過程だけではなく、修正図も連動しています

 

平断面連動機能が連動のポイント!

  • 作図中、出力後の修正図とも、どの角度からの編集が可能ですべて同時連動
  • 勾配配管の断面での移動・編集・追加も可能
  • 断面の表示範囲も変更しても連動された情報が表示

 

複数指定し作図・変更で効率を上げます



ルート編集機能のココがポイント!

  • 継手を呼び出すことなく、配管・ダクトを選択することで結合することが可能
  • 複数指定し一括で移動・編集が可能。
  • ルート選択が豊富でサイズ変更・高さ変更だけでなく、レイヤー・線種・カラーなども一括変更が可能

 製図者の目

従来のCADはドラフター代わりだったため、納まりを検討した上、正しい情報を入れてきました。

しかし、実際には変更の多さが図面の整合さを保つことが難しくなり、精度が落ちていることにRebroは目をつけ編集機能を高めました。その為、作図効率向上・整合性維持だけでなく、CAD上で納まりを検討することが可能になっています。それは、勾配の付いた配管を修正すると他のCADでよく修正できていたなぁと感じることでしょう。

その一部を紹介すると、出図後の修正も断面の納まりをダイレクトに確認しながら編集できます。

貼付けた断面ではないため、勾配のついた配管も断面から編集することも可能です。これらの情報はすべて連動されているため、断面で変更した情報は平面図のサイズ記入も変更されています。

 

従来のCADでは感じることがなかった模型を作っている感覚を持つのは、それぞれ系統として扱われる点です。

系統ごとに名称・管材・線種・色を設定が可能の為、物件の状況(既設・撤去・新設・業者A・業者Bなど)をダクト・配管に設定することが可能です。

変更に対しても、管材の変更・サイズ変更・高さ変更などの編集時に、指定するレイヤー以外をOFFにするような

下準備が必要なく、直感的にルートを選択できます。

これは、他社とのコミュニケーションも干渉検査・CGを使用しながら、CADで行うことが可能です。

 

※このページに対するご意見・ご質問は下記facebookコメントで受付ています。


作成後の修正も連動されているレイアウト作成

レイアウト作成が簡単

■レイアウト作成が簡単

大型物件・BIM物件・施工図で使用する、3Dモデルの図面化が360度任意角度で対応。レイアウト作成コマンドを簡単機能にし、自由自在のレイアウトが可能。

使用頻度の多いリボンTOPに配置しています。

範囲を決めて、位置を決めるだけ。

機械室・PS詳細図


機械室のレイアウトでは、     

左上)で全体の平面図

右上)基礎と機器配置・ドレンを表示

左下)正面断面図

右下)側面断面図

全て連動されているため、どの角度からも修正が可能です







 

 

 

 

PS詳細図は、1F〜3Fの平面図・断面図を表示しています。大きさ・枚数が自由にレイアウト出来るため、どの物件にも対応が可能です。

このレイアウトも全てが連動されているため、断面で竪管を移動すれば、1F~3Fの平面が変更されます。同じように2F平面図の詳細図で変更すれば、断面図も変更します。

ココがポイント!

  • フロアごと(階層)のレイアウト
  • 1フロアの分割(施工図)レイアウト
  • 1フロアと部分詳細(異なる縮尺)のレイアウト
  • PS詳細図のフロア・階層断面(複数階PS詳細図)のレイアウトなど自由自在で簡単に作成できます。

製図者の目

図面に表現されないレイアウト作成は、2ステップで作成出来るため時間短縮できます。また、自由自在に出来るため、ダクト図・配管図・衛生詳細図など、図面名ごとに、枚数・大きさを自由自在でレイアウトを作成します。モデル空間⇔ペーパー空間の区分が無いため、どのレイアウトからも作図・修正が可能のため、修正図での効率もよくチェックバックの修正も出図レイアウトで編集ができるため担当者が変わっても作業がスムーズに行うことができます。

竣工後、図面を開いた際も出図状態で登録出来るいるため、作図担当者以外がファイルを開いても出図に困ることがありません。

※このページに対するご意見・ご質問は下記facebookコメントで受付ています。


クリップ表示は作図・現場・BIM(階層)に広範囲活用

クリップで自由自在の表示範囲設定

■階層

 

 フロア設定で階高を設定すると、階層ごと表示したレイアウトが作成することができます。













■用途別クリップ表示 


設備は空間内に納めていく為、何層にも重なりあいます。階層ごとに表示することや、表示範囲高さを設定することが可能です 。画像例は、全体図よりキャットウォークでメンテを行う設備のみを表示(左)キャットウォークより上部の設備を表示(右)と用途にあった範囲が表示できます


■断面クリップからCG表示

 

施工図で作成した断面図も連動されているので、断面よりCGが表示できます。断面に表示していた設備のみCGに表示する為、2次元的に見ていた断面図もより、イメージがつかみやすく詳細を把握することができます。

クリップ機能のココがポイント

  • 切断面は自由に設定できる
  • 複数設定できる
  • 図面を分割、貼付けしないので整合性が保てる

製図者の目

図面ではなく模型を感じさせる機能の1つです。断面を作成する場合に使用するのが製図者としては主に使用します。このクリップが階層ごとに表示させたい場合に使用するだけでなく、施工図作成後も施工工程・施工範囲に合わせた範囲を表示することができます。足場高、メンテ確認などの場合もクリップは効果を発揮します。また、階層ごとに表示する場合は、空調・消火は天井内設備が主ですので階高で区切ることは可能ですが、衛生図の場合は、床下および天井配管も表示させなければシステムが把握出来ない場合があります。その際も詳細に高さを設定できる為、自由に用途に合わせた表示が可能です。

 

※このページに対するご意見・ご質問は下記facebookコメントで受付ています。


搭載設計シュミレーションも自社ソフトにも使用可能

配管アイソメ・ダクトアイソメ

■アイソメ図(ダクト・配管)

 ダクト圧力損失計算、配管抵抗計算が搭載されています。画面に常時表示しシミュレーションパネルで、編集時も、リアルタイムで計算結果が確認できます。計算結果は、国土交通省の建築設備設計基準に基づいて、Excelファイルで帳票出力することが可能です。 

  

アイソメ機能のココがポイント

  • 常時アイソメを表示することが可能
  • ダクト圧力損失計算、配管抵抗計算をリアルタイムでシュミレーションすることが可能
  • アイソメに直接寸法・文字を作図できる為、自社計算ソフトに入力するアイソメ図が作成可能
  • 単線・複線で作成することが可能

製図者の目

アイソメの表示は変換表示ではなく360度どの角度からでも表示できる任意角度3Dビューをしているため、常時連動されているものです。設計計算・機種選定の為だけにアイソメを使用するのではなく、施工図でアイソメ角度を使用することで、正面・側面両面を作図する手間を省くことができます。また、作図過程でも、全体のルートをアイソメで見ると無駄なUP/DOWNがある場合が見つかることも多々あります。

 

※このページに対するご意見・ご質問は下記facebookコメントで受付ています。



完全3次元だからできるCG・干渉検査

高機能CG・干渉検査

■CG・干渉検査



ココがポイント!

  • 自由な角度でイメージを伝える役目と正面・側面と角度を設定すると詳細確認の役目を持つ
  • 干渉箇所にズームアップされ干渉が解消された時点で干渉マークが消える
  • CGに直接書き込み・測定が出来ることで明確に伝わる
  • CGのシーン機能を使用し、変更前・変更後など時間軸が表現できる
  • ムービー機能を使用し、リアルな動画作成できる
  • 平面・断面・CGとも追加・移動・削除など同時連動になっている

製図者の目

製図者にとってCGは、干渉箇所の把握・シュミレーションに利用することが多い。

 

CGの動きは、自由であり光沢など美しく楽しい機能になっている。時に作図途中でここまで作図したんだと感慨にふける時もある。平面上で視点になる位置、見たい角度を指定することが出来るため、CGで場所を探す必要もない。また、基本は作図した色でCGを出すことで、作図とCGの違和感がない。

資料作成の時点で印刷色を考慮した色に変えることが可能になっていて、表示のオン・オフ、色など必要に応じてCG上での対応が可能になっている。

CGを出しながら、干渉の検査を行い干渉箇所のズームは驚くほどリアルで迫力がある。干渉も、CGで干渉箇所を示すだけでなく干渉量をミリ単位で情報を提示するので移動量が出しやすい。また、干渉箇所の表示は平面・CGだけでなく、断面まで表示されるので詳細な建築図・上階・下階を把握した上で移動できる。

 干渉箇所によっては除外設定すると次回からの干渉には対象から外すようになっているため。干渉箇所に対して毎度確認する必要がなく、干渉ゼロを目指して納まりを検討することができる。干渉が解消するとマークが消える為、モチベーションを上げながら精度の高い図面が作成できる。また干渉の解決は移動だけではなく、消す・仮想ルートを追加するなどもあり、追加作図した場合もCG・断面ともに表示されるので、次のシュミレーションに移りやすく多くのアイディアが出るようになる。仮想追加の検討などは、要素を指定しCG化したCADとはレベルの違いを感じ完全3次元を実感できるだろう。

 

また、資料作成においては、シーン・マーク・文字・寸法ができることで、意図が伝えやすい資料が作成できる点が他のCADと比べ優れている。

※このページに対するご意見・ご質問は下記facebookコメントで受付ています。


3Dモデリングしたものを設計図として使用

3Dモデルを3D設計図に抽出が可能

3Dモデリングしたデータはそれで終わりなの?

BIM(ビルディングインフォメーションモデル)は建物全体を3次元化しイメージをわかりやすく伝え・早期合意を目的としていますが、そのモデリングをしたデータはそれで終わりでしょうか?設計図にそのモデリングを使用する事が可能です。

※このページに対するご意見・ご質問は下記facebookコメントで受付ています。

64bit・USBプロテクタ・マルチディスプレイ・最新Ver.取得

ソフト概観

■ソフト概観(64bit版・USBプロテクタ・マルチディスプレイ)



ココがポイント

  • Rebroは32bit版とメモリを有効活用できる64bitがあります。
  • マルチディスプレイ対応で作図効率を上げます。
  • USBプロテクタでソフトを持ち運び出来ます。
  • Rebroを起動した際、インターネットにつながっていれば最新バージョンを取得できます。
  • 複数人で使用できるようにネットワックライセンスが可能です。

製図者の目

 パソコン関連の変化は早くその影響は、CAD開発だけでなくユーザーにも及びます。

より良いCAD環境を作るために知識を得る必要がある時代になって来ました。

今後、スマートフォン・タブレットへCADデータを活用する動きが出てくるでしょう。

その観点から、使用期間のあるCADよりも年更新で最新バージョンを取得できるCADの方が変化に対応しやすいと言えます。

Rebroの使用環境は、32bitとメモリを有効活用するべく64bitを所有しております。やはり64bitはデータ容量・スピードなどに違いを感じます。データ容量だけでなく開くファイル枚数も多く、マルチディスプレイにした状態で作業を行うと作業効率の良さを実感します。

2台のパソコンにRebroをインストールし、USBプロテクタを持ち運びし事務所・現場・デモンストレーション・研修・打ち合わせにと有効活用しています。

また、複数のCADをインストールしているパソコンでありましても、CAD環境のバックアップも整っているため、ご自身の作業環境を維持することができます。

※このページに対するご意見・ご質問は下記facebookコメントで受付ています。